1. HOME
  2. 活動紹介
  3. イベント
  4. 第1回「親子で楽しむ火育」イベント

第1回「親子で楽しむ火育」イベント

イベントを企画したきっかけ

今は昔と違いどこでも気軽に焚き火ができないため、オール電化の家だと火そのものを見る機会がないそうです。とあるイベントで生の火を見たことがない子供に出会った時は衝撃でした。NONIWAは歩いて山へ行くこともでき、安全に焚き火ができる環境もあります。まずは火を身近に感じてもらいたいと思いこのイベントを企画しました。

早期教育としての「火育」

このイベントは、どうやれば火はちゃんと燃えるのか、また火はどれくらい熱くて危険なのか、そういったことを子供たちに体験してもらうのが目的です。最初は上手く火がつかず、また火がついてもすぐ消えてしまいます。でも悪戦苦闘しながら焚き火でお湯を沸かし、そのお湯でつくるココアの味は子供たちにとって格別だと思います。‟自分が育てた火で調理をしてみる”こういった自然体験は子供の地頭を鍛え、早期教育にも効果的だと言われています。

イベントの様子

火育イベント説明

まずは山で集める葉や枝を子供たちに覚えてもらいます。

火育イベント枝

今回はこの4種類(杉の葉、細い枝、中くらいの枝、太い枝)をバランスよく集めてもらいます。

火育イベント山へ

みんなしっかりと4種類を覚えたところで歩いて5分ほどの山へ。

火育イベント山の枝拾い
火育イベント山の枝拾い
火育イベント山の枝拾い

覚えた4種類をバランス良く拾っていく子供たち。枝の拾い方もそれぞれ個性があって面白いです。細いのから順番に拾う子、見つけたものをとりあえず拾う子。

火育イベント
火育イベント枝の分別

NONIWAに戻り拾った枝を覚えた4種類に分けていきます。

火育イベント枝の分別

みんなちゃんとバランスよく集めていて優秀!

火育イベントクイズ

ここで突然のクイズタイム。「4種類に集めた枝、どれが一番火がつきやすいでしょう?」答えをいっせいに指差します。

火育イベント答え合わせ

実際に火をつけてみて答え合わせ。みんな興味深々です。

火育イベント枝の組み方

どの枝が燃えやすいか理解したところで枝の組み方をレクチャー。燃えやすいものから燃えにくいものへ火をつけていくイメージ。

火育イベント枝の組み方

どうやったら燃えやすいか考えながら自分の焚き火台に枝を組んでいきます。

※キャンプ場では直火NGの場合がほとんどです。キャンプ場でやる場合は焚き火台の上でやりましょう。(NONIWAではイベントの時だけ部分的に直火OKとしてます)

火育イベントバケツの用意

焚き火をするときは近くに水を用意すること。

火育イベントマッチの使い方

火付けにはマッチを使います。マッチの良いところは火の燃え方が感覚的に分かるところです。

火育イベントマッチの使い方

参加した子供たちは全員マッチを使ったことがないとのこと。それでもみんな上手に使いこなしていました。

火育イベントお湯を沸かす

焚き火に慣れてきたところで水を沸騰させることに挑戦!

火育イベントお湯を沸かす

途中で火が弱くなると風を送ったり燃えやすい枝を入れたり悪銭苦闘しながら火を保ちます。みんな無事にお湯をつくることができました。

火育イベントココアの時間

苦労して沸かしたお湯でホットココアを作ります。達成感のなか大きな焚き火を眺めながらまったりタイム。焚き火でお湯を沸かして自分の飲み物を作れたことは、子供たちの自信に繋がったと思います。

火育イベント
火育イベントマシュマロ
火育イベントソーセージ

おやつは焚き火でマシュマロとソーセージ。親も一緒に焼きながら楽しみました。(むしろ親のほうが楽しんでいた?笑)

締めくくりに焚き火の際の注意点を復習です。「大人がいないところで火をつけない」 「焚き火をするときは水を用意すること」 「焚き火の後は綺麗に掃除をすること」 灰にならなかった黒い燃えカスは自然に還らないことは意外と大人でも知らない人が多いです。こういったことも火育の一環として教えていければと思います。

お客様の声

いただいたアンケートからいくつかご意見をご紹介します。

イベントを知ったきっかけ
・HPから
・CAMPHACKのサイトから

イベントの感想
・自分がキャンプをはじめたいと思って申し込んだが、子どもが初めてマッチをすって火を見たときの驚いた顔や枝を選ぶ真剣な顔を見て、改めて「火育」の素晴らしさを感じた。幸せな時間をありがとうございました
・山で枝を拾って、拾ったものを燃やして、お湯を沸かす という一連の流れの中で、自然との触れ合い方や火の扱い方まで学べるすてきなイベント
・子どもに焚き火をさせる経験がなかったのでとても良い体験

さいごに

このイベントで使った焚き火台を紹介したいと思います。

ソト(SOTO) ミニ焚き火台 テトラ
ソト(SOTO) ミニ焚き火台 テトラ

この焚き火台はもともとファミリー向けキャンプ雑誌「fam」の付録として企画された商品でした。(キャンプ初心者のファミリーの方にオススメです!)そしてその後、新富士バーナーのアウトドアブランドSOTOさんから定番商品として販売されることになりました。今回のイベントでも使って感じましたが、火が大きくなりすぎず、子供が焚き火を楽しむのに丁度いいサイズでした。もし子供の火育に興味がありましたら是非使ってみてください。(NONIWAでも販売しています)

火育イベントに関するお問い合わせはこちら
noasobifufu@gmail.com

関連記事